早漏防止薬の画像

ダポキセチンはSSRIというセロトニンの吸収を阻害する成分と同じ作用があり、元々うつ病に対しての治療薬でした。うつ病治療のために使用していた患者から射精時間が遅くなるとの報告を多く受けて早漏防止薬として開発されました。

ダポキセチンの効果について

早漏防止によく効くとして、大きな話題となっているダポキセチンは、世界60カ国で医薬品として認可されている安全性の高い薬です。日本に上陸して以降、画期的な早漏改善の飲み薬として、その知名度を高めています。

ダポキセチンはもともと、うつ病のために開発された成分であり、脳内のセロトニンを増加させる働きを持っています。早漏になってしまう原因として、過度の緊張と興奮、精神的な余裕のない状態などが挙げられます。心が緊張し、興奮が抑えきれない状態というのは、脳内にアドレナリンという興奮物質が過剰生成され、コントロールが効かなくなっていると考えられます。そのアドレナリンの分泌を抑えて、精神的に落ち着いた状態にしてくれるのが、脳内物質セロトニンです。

脳内物質セロトニンが増加すると、緊張がほぐれ、自然と精神に余裕が湧いてきます。脳内がリラックスすることで、射精タイミングをセルフコントロールできるようになるのです。
ダポキセチンの効果は、服用後1~2時間で、最大になるといわれています。デートの際、夜のお食事の後に、1錠服用しておくだけで、その後の夜のお付き合いを、より良いものにしてくれるのです。ダポキセチンの優れた点は、長期的な服用により、更に効果を増していくところにあります。ダポキセチンについて様々な統計が存在していますが、多くの服用者が、長く使用するほど、ダポキセチンの効果を実感するようになったとされています。はじめのうちは、たった1~2分射精を遅らせるだけだったのが、数ヶ月使用するうちに、段々とタイムが伸びていった、と報告しているのです。長期的な服用で、より緊張しにくく、リラックス状態を保ちやすくなるのでしょう。

ダポキセチンの服用方法

最新の早漏治療薬として、今最も注目を集めているのがダポキセチン含有薬です。世界中で早漏の治療に用いられており、その効果の高さと安全性から、日本でも広く知られるようになりました。ダポキセチンの優れた点は、これまでの早漏改善方法とは違い、非常に簡単で手間なく、早漏を予防できるところにあります。

ダポキセチン含有薬の服用方法は、行為をする1時間から3時間ほど前に、1錠を内服するだけ、というシンプルなものです。服用後約1時間ほどで、その効果が最大となるとされています。ただ飲むだけの簡単な早漏対策ですから、女性の気分を盛り下げてしまったり、ムードを壊してしまう心配もありません。デートの際、もうそろそろかなという時点で、一錠飲んでおけば効果を発揮してくれるのです。ただし、ダポキセチンはアルコール類との併用はNGとされていますから、デートの際お食事時の飲酒は、控えておく必要があります。普段良くお酒を飲む方は、女性から「今日はどうして飲まないの?」と聞かれた際の答えを用意しておくと良いかもしれません。

即効性の高さが魅力のダポキセチンですが、長期的な服用により、より効果を得られるようになると報告されています。ダポキセチンは脳内のセロトニンを増加してくれるお薬であり、長期的な使用をすることで、精神的に落ち着いた状態を、維持できるからかもしれません。早漏の原因には様々なものがありますが、とくによくいわれるのが、心理的な要因です。早漏を気にし過ぎるあまり、さらに余裕がなくなり、症状が悪化する、そうした悪循環が、大きな原因となっているケースもあるのです。ダポキセチンで早漏を防止し、自信を回復することで、さらなる効果が得られるのでしょう。

ダポキセチンの副作用は起こりにくい

飲んで早漏を改善する画期的な薬の成分として、大きな話題となっているダポキセチンですが、副作用等が気になって、なかなか手が出せずにいる方もいるでしょう。しかし、ダポキセチンの服用で副作用が起きる確率は、さほど高いものではありません。
ダポキセチンは世界中でその効果を認められ、医薬品としての認可を受けている成分です。ダポキセチン含有の薬は、ドイツやスウェーデン、イタリア、フィンランドなど世界60カ国以上の国々で、使用されているのです。効果だけでなく、安全性についても、高い評価を受けているからこそ、これほど世界に広まっているのでしょう。

ダポキセチンの服用によって副作用が起きる確率は、大体10%程度といわれています。つまり、10人に1人、副作用が起きる可能性がある、ということですが、その副作用の内容は、非常に軽い症状がほとんどです。具体的には、頭痛、めまい、下痢、疲労感、眠気などが挙げられており、どの症状もそれほど深刻なものではありません。
どんなに安全性が高いとされている薬でも、効果があるのなら、当然それに付随するその他の作用が起こりえます。大切なのは、その副作用がどれほど体に大きな影響をもたらすか、という点でしょう。ダポキセチンという成分は、体の中に蓄積することなく、排出されるといわれています。その排出までの時間も、効果が最大となった後約1~2時間とされており、長期的な使用をしても、ほとんど健康に影響しないと考えても良いでしょう。

一つ注意したい点として、他の薬との併用による副作用の可能性があります。抗うつ剤や鎮痛剤、睡眠薬などとの併用は、避けることが大切です。また、肝障害や腎障害のある人は服用できませんので、気をつけましょう。

■ダポキセチンが成分のこの薬が安心です
プリリジーの副作用は少ない
スーパーPフォースを通販する前にチェック
■ダボキセチンの効果や副作用についてしっかり確認しましょう
ダポキセチンで夜が変わる!