早漏防止薬の画像

ダポキセチンはSSRIというセロトニンの吸収を阻害する成分と同じ作用があり、元々うつ病に対しての治療薬でした。うつ病治療のために使用していた患者から射精時間が遅くなるとの報告を多く受けて早漏防止薬として開発されました。

ダポキセチンの効果や使用法についての2016年5月記事一覧

  • ダポキセチンと中年の自慰行為について

    自慰行為はストレスを解消することができるので中年になってもする場合があります。性欲を我慢し過ぎるとストレスがたまるので、適度に射精をしてセルフコントロールをする必要があります。また自慰行為をすることで勃起や射精に必要な筋…続きを読む