早漏防止薬の画像

ダポキセチンはSSRIというセロトニンの吸収を阻害する成分と同じ作用があり、元々うつ病に対しての治療薬でした。うつ病治療のために使用していた患者から射精時間が遅くなるとの報告を多く受けて早漏防止薬として開発されました。

1分以内に射精の早漏に効果のダポキセチンと漢方薬

EDに効果のある漢方薬は基本的には交感神経の緊張を緩和する効果があり、セックス中のストレスや緊張、不安を解消することができます。また冬虫夏草のように精力を増強して持久力を維持する体力をつける効果のある漢方薬も有効であるとされています。漢方薬は様々な生薬を用いることで相乗的な効果を発揮するものなので、1種類の生薬だけでEDを改善することは難しいのですが、漢方薬局や漢方を専門に扱っている大学病院の専門外来などを受診することで、自分の体質にあった薬を手に入れることができます。漢方薬の特徴としては効き目が緩やかなことで、セックスの直前に服用するのではなく、毎日飲み続けることで効果を発揮するので勃起改善薬と比べると効果を実感するのが難しいとされています。毎日食べることができる食材の中にも精力を高めるものが多く存在していて、ニンニクや納豆にはアルギニンが含まれているのでペニスに血液が流れやすくなるので勃起の維持が難しい人はこれらの食材を毎日食べているとEDを改善することができます。また納豆には血栓を溶かす作用があるので、動脈硬化などでペニスが勃起しにくくなっている場合には効果的です。糖尿病や動脈硬化によってペニスが勃起しにくい場合はこれらの病気を治療することで通常のセックスができるようになります。ダポキセチンは1分以内に射精をしてしまう人に効果的で、この薬を服用することで3分以上射精までの時間を延ばすことができます。ダポキセチンはSSRIの薬なのでセックスの前に服用すると緊張感や不安を取り除くことができるので、リラックスをしてセックスをすることができます。ダポキセチンは日本の医療機関では手に入れるのは難しいので個人輸入などを利用して購入をします。