早漏防止薬の画像

ダポキセチンはSSRIというセロトニンの吸収を阻害する成分と同じ作用があり、元々うつ病に対しての治療薬でした。うつ病治療のために使用していた患者から射精時間が遅くなるとの報告を多く受けて早漏防止薬として開発されました。

ダポキセチンの効果と短小包茎の症状と新泌尿器科学

新泌尿器科学とは前立腺肥大症や腹腔鏡を用いた泌尿器科の手術に関する技術の発展や勃起不全などの治療で生活の質の低下を防ぐ方法について書かれている本で、カラー写真などを多く採用して分かりやすい内容となっています。短小包茎はペニスが平均よりも短くてさらに包茎なのですが、ペニスの大きさは個人差があるので5センチ程度の長さでも十分にセックスが出来るとされています。包茎手術をするとペニスが露出するのでペニスが数センチ長くなりますが、亀頭を大きくする手術を受けると短小包茎を改善することができます。短小の原因の多くは、体の中にペニスの一部が埋没していることで、体内から引き出す手術を受けることで通常の長さにできる場合もあります。ダポキセチンは早漏予防に効果的な薬ですが、脳内のセロトニンを増加させる作用があるので、緊張感を和らげたり、不安を感じなくすることができます。この薬の特徴は射精の時間を長くすることで、早漏の人の射精を3分程度長くすることができるので、満足度の高いセックスができるようになります。ダポキセチンはSSRIの薬なので、同じ作用を持つ薬を服用することができないので、精神科などを受診している場合には服用できない場合があります。セロトニンは適度に分泌されると気持ちが落ち着いて仕事などの効率を上げる作用がありますが、脳内のセロトニンが多すぎると意欲が低下するので、性欲が低下してセックスの回数が減少してしまう可能性があります。ダポキセチンは射精障害の副作用を利用して開発された薬なので、早漏予防の効果が非常に高く、精神的にもリラックスできるので世界的にも需要が高くなっていますが、日本で購入した場合には価格が高いので注意が必要です。