早漏防止薬の画像

ダポキセチンはSSRIというセロトニンの吸収を阻害する成分と同じ作用があり、元々うつ病に対しての治療薬でした。うつ病治療のために使用していた患者から射精時間が遅くなるとの報告を多く受けて早漏防止薬として開発されました。

ダポキセチンと彼の包茎手術について

交際している彼氏が早漏の場合は包茎手術をすることで亀頭が刺激に対して強くなるので射精までの時間を長くすることができます。亀頭を皮が覆っている状態の場合は、日常生活の中で保護された状態なので、亀頭が刺激に対して弱いままの状態です。包茎手術をすると亀頭が露出するので刺激に対しての免疫力が高まって早漏の症状が改善されていきます。包茎手術をすると最低でも1ヶ月間はセックスができないので、それを避けたい場合には器具を装着することで包茎を改善することもできます。亀頭が刺激に対して弱いと軽い刺激で射精してしまうので女性器に挿入する前にセックスが終わってしまう場合もあります。射精が早過ぎると子宮まで精子が届かないので不妊症の原因にもなるので、結婚をする予定がある場合には早めに治療をして正常なセックスができるようにする必要があります。ダポキセチンはSSRIの薬なのですが、射精までの時間を長くできるように開発された薬なので、通常のSSRIの薬とは効き目が全く異なります。しかしセロトニンを脳内で増加させる作用は同じなので、服用を継続すると射精を長くする効果がより高くなるので、セックスの前に服用して効き目が弱い場合には、毎日服用していると脳内のセロトニンの量が安定するので射精までの時間をより長くすることができます。ダポキセチンは日本では認可されていない薬なので個人輸入を利用して手に入れることになりますが、副作用等が出ても自己責任なのでリスクを十分に知ってから購入しなければなりません。主な副作用としては意欲や性欲の低下がありますが、この症状は脳内のセロトニンが変化することで起きるもので、仕事や勉強などの意欲が低下するので十分に注意をしなければなりません。