早漏防止薬の画像

ダポキセチンはSSRIというセロトニンの吸収を阻害する成分と同じ作用があり、元々うつ病に対しての治療薬でした。うつ病治療のために使用していた患者から射精時間が遅くなるとの報告を多く受けて早漏防止薬として開発されました。

ダポキセチンと中年の自慰行為について

自慰行為はストレスを解消することができるので中年になってもする場合があります。性欲を我慢し過ぎるとストレスがたまるので、適度に射精をしてセルフコントロールをする必要があります。また自慰行為をすることで勃起や射精に必要な筋肉を使用するので女性とのセックスを長期間していない場合には定期的に自慰行為をすることで勃起をする機能を維持することができます。早漏は射精をするまでの時間が短すぎることで満足度の高いセックスができなくなるもので、思春期の早漏に関しては一時的なものなので放置していても自然に完治するのですが、仕事などのストレスで早漏になった場合には、原因を特定することで早漏を改善することができます。基本的には亀頭が刺激に対して敏感になっているだけなので、自分で自慰行為などをして正常なセックスができることを確認するだけでも症状が改善します。包茎の場合には亀頭が刺激に対して敏感になっているので、なるべく亀頭を露出できるように器具などを用いて治療を行う必要がありますが、衛生上の問題があるので真性包茎の場合には手術によって皮を切除することが必要になります。ダポキセチンは早漏を予防する薬で、服用することで2分から3分程度射精までの時間を長くすることができますが、亀頭の感覚が鈍くなるので、体力がない男性の場合は射精することが出来ない場合もあります。その場合には休憩してからもう一度セックスをするなどの対処が必要ですが、射精が出来ない状態や早漏は放置しておくと症状が長引くので、パートナーに協力してもらって、その場でもう一度セックスをすることが重要です。男性は精神的な要因が勃起や射精に影響するので自信を持つことも必要です。