早漏防止薬の画像

ダポキセチンはSSRIというセロトニンの吸収を阻害する成分と同じ作用があり、元々うつ病に対しての治療薬でした。うつ病治療のために使用していた患者から射精時間が遅くなるとの報告を多く受けて早漏防止薬として開発されました。

ダポキセチンで摩擦に強いペニスで女性を満足させる

早漏の問題を抱える男性は、女性に対して奥手になりやすいと言われています。
なぜなら、下半身に劣等感を抱いているため、恋愛やセックスに対して、心の奥底でコンプレックスを持ってしまうためです。
せっかく意中の女性と交際関係に発展しても、早漏の問題を抱えたままでは、素敵な恋愛生活が送れません。

早漏の厳格は定義は存在しませんが、一般的に医学分野で言われるのが女性器に挿入してから、射精を1分以下しか我慢出来ない状態です。
またペッティング等で女性から男性器を激しく摩擦された際も動揺です。
摩擦によるオーガズムをほとんど我慢出来ず、数十秒でザーメンを出してしまう男性は早漏となり、女性をセックスを満足させられる可能性は極めて低くなります。

ただ、現代にはダポキセチンを主成分に含むPE治療薬があり、
セックスを始める前に薬品1錠を服用すれば、心理的な要因によって現れる早漏が未然に防げます。
ダポキセチンはSSRIの薬品と似た働きを見せ、抗うつ薬に近い作用を発揮し、
セックスへのコンプレックスによる不安感を解消させ、精神的なバランスを正しく改善する事で、早漏症状を治療します。

服用によって性欲が喪失したり、射精の力が喪失する事は一切ありません。
僅かな摩擦によって果てる事のない、男らしいペニスがダポキセチンによって得られますので、
セックスにコンプレックスを長年抱えいた方も、薬品たった1錠の摂取で、安定した性生活が送れます。
ダポキセチンの効力はセックス数回分、継続します。
射精を迎えるまでの時間が、服用によって3倍から4倍位増えますので、女性に性的満足を与える余裕が生まれます。
正常位だけで果ててしまっていた男性も、ダポキセチンのおかげで騎乗位や座位、対面座位などの複数の体位のセックスが楽しめるようになるでしょう。